創業1912(大正元)年。木材・建材・住宅設備機器を通じて地元大工・工務店をサポート

中野屋銘木店は創業1912(大正元)年。木質燃料の卸売と木材の販売からスタートし、
時代の変遷とともに、住宅関連資材の取り扱いを拡充。
現在は、プレカット加工、木材・銘木販売から住宅設備機器販売、太陽光発電、内外装・大工工事業など幅広く展開。
「まちの大工さんのサービスステーション」として、地元大工さん・工務店をサポートサポートしながら、地域の住まいづくりのお手伝いをしています。

最新ニュース

2018/04/02

第3回家守人たちの住まい展

2日間で約4,600人のお客様にご来場いただき大盛況で終えることができました。ご来場ありがとうございました!

ページのトップへ